「dポイント」のお得な使い方、第2弾。ローソンの「お試し引換券」をやってみた!

みなさん、どおもこんにちは!
ずっきーです。

いやー、平昌オリンピックは、盛り上がりましたね。
日本のメダルも過去最多になって、すごいですよね。

見ごたえたっぷり、感動させてもらいました。

ところで、最近「dポイント」を色々、活用しています。
「dポイント」加盟店がどんどん増え、「dカード」の使いやすさやメリットもどんどん広がっています。

そんな「dカード」と「dポイント」のお得な使い方で、外せないと思うのがローソンでの利用です。

今回は、「dカード」に溜まった「dポイント」のお得な使い方、第2弾として、ローソンでのLoppi(ロッピー)を利用した方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「dカード」をローソンで使い倒す!

「dカード」の使える街の店舗が、どんどん広がる中、2015年の「dカード」リニューアル当初から、がっつりと連携を深めていたのが、ローソンです。

ローソンは、もともと「pontaポイント」という独自のポイントがあるのですが、提携以来、「dポイント」での支払いが可能になっています。

しかも、「dカード」か「iD」(アイディー)で決済すると、クレジットカードの請求の際に、3%引きになるのです。

さらに、請求額1%のポイント還元と、決済時に「dポイントカード」の提示で、1%のポイント還元

よって、実質5%OFFと同等のお得なお買い物が出来ちゃいます。

「dポイントカード」をローソンで使うには?

「dポイントカード」を提示するだけ

もちろん、「dカード」や「dカードゴールド」の提示でもOK!

dポイントカードはあらかじめ、dアカウントの登録を済ませておく

「dポイントカード」は、ローソンやマクドナルドで置いてあるので、無料でもらえます。

ただ、手に入れたらその後は、自分の「dアカウント」に登録してください。
登録は簡単で、スマホでも2、3分で済みます。
登録後、すぐに使えます。
僕の場合、自分の「dポイント」もすぐに反映していました。

dポイントは実際はカードに貯まっているのではなくて、カードに紐付けた「dアカウント」に貯まります。

一つのdアカウントには、クレジットカード以外に3つまでのdポイントカードを紐づけることが(登録)できます。

「デジタルPontaカード」が登場

ローソンの公式アプリでデジタルカードが登場しました。

これを使うと「デジタルPonta」として、プラスチックのPontaカードが登録できます。

そうすることで、プラスチックのカードが不要になり、スマホアプリでポイントが貯められます。

このローソン公式アプリですが、「dポイントカード」も登録できるんです。

登録することで、dポイントカードをスマホで貯められます。
なお、dカードとPontaカードの両方を登録した場合には、Pontaポイントが優先されます。

ローソンの公式サイト(ローソンIDのページ)

ローソンの公式アプリのページ

dポイントのとっておきのお得な使い方。

そうやって貯めた「dポイント」ですが、

ローソンでの支払いが5%OFFになるだけでもお得なのに、さらに「お試し引換券」を使用することでお得感は倍増されます。

「お試し引換券」とは、ローソンの店舗に置いてあるマルチメディアキオスク端末「Loppi(ロッピー)」で発券できるお得な商品クーポンです。

このクーポンを使うと、月に数回(火と金曜日)、ローソンで扱いのある商品の中から、「Pontaポイント」か「dポイント」でお得に購入することができます。

どのくらいお得かと言うと・・・

このくらいです。(見にくいかな(笑))

200円(税込216円)する「きのこの山」が100ポイントでゲットできます。
半額以下です。

お得すぎませんか?

コンビニはスーパーマーケットより価格が高い商品がほとんどです。
そのスーパーよりも安く購入できるのが、このお試し引換券のすごいころです、

確かに、商品は限られますが、欲しい商品があったなら、絶対に「お試し引換券」がお買い得です。

店内端末「Loppi」の操作

まず、

① Loppiの画面をタッチして、画面を表示させる
② 「ポイント会員メニュー」(画像の矢印部分)にタッチ
③ 次にdカード(Pontaカード)を端末の読み込み部分にスライドさせる
④ 「一覧から発券する」をタッチ
⑤ 次の画面から商品を選んで、発券する
⑥ その発券された紙を商品と共に持って、レジで商品の決済を行う

数量制限は?商品数は、どうなっているの?

一度に発券できるのは、一人2枚までです。

厳密には、ひとつの商品(引換券)につき、一人1日2枚までになります。

そして、商品には限りがあります。
数量限定です。
つまり、先着順ということです。

人気の商品は、その売り出しの日になくなってしまいます。

ほんとソッコーで・・・(泣)

お目当ての商品があれば、是非、急いでローソンで引換券を出してください。

商品によっては、ローソン公式アプリから予約できるものもありますので、随時チェックすることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?

dポイントカードは、ローソンでこのように利用できるようになり、非常に使い勝手が良くお得感がさらに増しました。

僕は、Pontaカードも持っていたのですが、dカードに集約しようと思います。
財布からカードが一枚減らすことができますし・・・

最後にちょこっと注意点!

注意点として、

Loppiの引換券の発券には、ポイントカードが必要です。
レジでの引換の際には、ポイントカードの提示を忘れずに。

おサイフ機能搭載のスマホでの「デジタルPonta」はLoppiの認証が可能。
ですが、デジタルの「dポイントカード」ではLoppiが認証してくれません

なので、プラスチックの「dポイントカード」をLoppi端末にスライドさせて認証してもらう必要があります

これが、最初分からなくて、相当、悩みました。

Pontaカードを持っているのですが、ポイントがないんです。

なので、dポイントをPontaポイントへ移行する手もあるのですが、手数料が取られてしまいます。
逆の、Pontaポイント→dポイントは、等価換算で移行できるのですが。

また、クレジットカードの「dカードゴールド」は持っているのですが、端末にスライドしても認証は受け付けてもらえません。

あくまでも、「dポイントカード」でなければならないのです

普通は悩まないのかも知れませんが、(要領の悪い)僕は、ここで悩みまくり・・・(汗)

ちょー時間を無駄にしてしまいました。

また、Loppiの引換券をレジで精算する際、ポイントカードを提示して1%のポイント還元をゲットするのを忘れないでください。

なんと、引換ポイント分が計算の対象になるのではなく、商品の定価に対しポイントが付与されます。

これもお得ですよね?

1ヶ月毎に、ホームページなどでお試し商品の情報が出ますの、で、ぜひチェックして、お目当ての商品をお得に引換えてください。

ぜひ、お得に、ローソンでお好きな商品をゲットしてくださいね。

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)