仮想通貨。やっと、コインチェックから日本円が返金された。

みなさん、どおも!
ずっきーです。

みなさんは、話題の「仮想通貨」取引はやっていますか。

昨年くらいから、頻繁にニュースでも取り上げられたり、短期間で数億円単位で利益を出すような人もいたりなど、何かと話題になっていますよね。

また、メガバンクがが取り扱いを開始するとかしないとか、なんてニュースも出たりなど、その過熱ぶりはとどまることを知りません。

そんな時に今回のコインチェック騒動です。

スポンサーリンク

コインチェックに何が起きたのか?関する騒動のおさらい

2018年1月26日、仮想通貨の取引所を運営しているコインチェック社。
この取引所がハッキング被害にあい、取引所で扱う仮想通貨の一つ、XEM(ネム)が盗まれた。

その被害額はなんと・・・580億円!!

被害にあった、取引所参加者達に対する補償はどうするのか?
今後の取引所の運営はどうするのか?
セキュリティレベルは?管理上の問題があったのか?
これ以上、被害は?
そもそもハッカーを断定(追跡)できるのか?

などなど・・・

あらゆる、疑問が飛び交い、早急な対応が必要とされていました。

ところが、それからと言うもの、コインチェック社の記者会見が、ひどいもいいとこ。

社長もよくわからんし。

1月29日、さらには2月2日には、金融庁による「業務改善命令」や「立ち入り検査」など、介入も始まりました。

これまで、コインチェックでは、ハッキングによる「ネムコイン流出事件」があって以来、出金ができなくなっていた。

要するに、ネムコインだけではなく、それ以外の仮想通貨や現金が引き出せなくなっていた。

結局は、「業務改善命令」に対する回答の期限である、本日、2月13日(火)に、日本円での出金が開始されました。

現在の状況と、僕の場合を紹介。

日本円分で400億円は、補償対応するそう。
また、日本円の返金も行うとのこと。

これにより、まさに僕にもコインチェック口座へ軍資金として振り込んでいた、10万円があったが、2月13日(火)に無事返金された。

僕の状況は、まさにやろうと、新規登録して口座開設をしていました。

たった、10万円ですが、何十倍、何百倍にも増やそうと意気込んでどの通貨を買おうか、
ずーっと研究し悩んでいました。

そんなこんなで、1ヶ月も経とうとしたその時、ネムの不正流出ハッキング事件は起こったのでした。

「たった、10万円?!」と思うかもしれませんが、お小遣い制の僕にとっては、大金!

まあ、何百万円も何千万円も取引している方たちから見れば、「何?そんなこまいのの・・・?」と言われるとは思いますが、お金はお金。

僕にとってはかけがえのない、貴重な元手となる10万円です。

それが、一度も取引もしないままに、いきなり出金すら出来なくなった。

びっくり!!!です。

こんな話になってから、僕は先週、コインチェックのアカウントで出金支払いを登録申請していました。

何も音沙汰ないまま、2週間が過ぎ、今朝、振込先を見てみると、返金されていました。

よかったー。長かったよーー。

まとめ

今後も、コインチェック社は、取引所を続けて行くとのこと。

今回の一連の問題のそもそもの原因は、仮想通貨に問題があったわけではなく、コインチェック社の管理面が問題だった。

対応が慣れていないためか、記者会見での経営陣の発言や対応にも、今ひとつで不満が残るような結果だった。
みなさんもそう感じる人は多いはず。

取引所選びは、重要かもしれませんね。

なので、僕は遅ればせながらではありますが、仮想通貨取引に引き続き興味はありますが、他の取引所で試してみようかと、思っています。

ビットフライヤーか、GMOコイン、Zaifなんかに分散してトライしてみようと思います。

みなさんも、仮想通貨だけではなくとも、株や先物取引など、資産運用にこれから取り組もうと言う特に初心者の方は、
リスクマネジメントをしっかりと考えて、無理のない資産運用を心がけてほしいと思います。

今回は、いやー、仮想通貨の一連の騒動、びっくりしましたねー、と言う話でした。

紆余曲折ありながらも少しづつ良い方向へ向かっていそうなので、これでしめたいと思います。

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)