安心でおいしいウィンナー見つけた!!!安心の添加物フリー。

みなさん、どおもこんにちは!

ずっきーです。

いきなりですけど、僕は食べるの大好きです。
旅行も、食べ歩きメインで、若い頃は、よく全国へ出かけました。

おいしいものを、いろいろ食べ歩くのが好きで、食べては、それを自分で再現してみたり…

なんで、料理も結構しますよ。

若いときや、一人のときは、美味しければ、どうでもよかったのですが、

やっぱり家族をもって、子どもができてからと言うもの、

食の安全性が、めちゃめちゃ気になる!!!

特に、最近多いですよねー。

記憶に新しいのは、マクドでのチキンナゲット事件。

大手の食品会社や飲食店でも安心できないっすよねー

で、できるだけ自炊を。

と、いう事なのですが、ちょっとした加工品なども安全性は?と言われれば…

???と、いう感じ。

こんな記事も書いてます。

みなさん、どおもこんにちは! 食べること大好きな、ずっきーです。 最近、特に気になること。 みなさんは、何が気になりますか...

そこで、今回は、安心の加工品見つけたよ!という話。

スポンサーリンク

僕の大好物「ウィンナーソーセージ」

ぼく、練り物に目がないんすよー。

ウィンナーはもちろん、魚肉ソーセージ、かまぼこ、はんぺん、つくね、ハンバーグ、いわしのつみれなどなど。

練り物がほんっと好きなんです。

その中でも、トップ3に入るのが、ウィンナーですね。

茹でても、焼いてもいいし、ナポリタンやホットドッグなど具材の一つとして入れてもいいし。

僕は特に好きなのは、やっぱりそのまま茹でてビールのあてにして、一気に流し込むのが最高!!!

ところが、加工食品は添加物が多くて…

特に、ウィンナーは、発がん性が高く危険とされている発色剤が多く含まれる。

そうとなれば、アホみたいに、何本も食べれなくなりますよね。

特に、毎朝、朝食にも…なんか、イヤです。

あまり、口うるさく言いたくないけど、子供にも食べるなと言いたくなる。

そんなの、嫌ですよね。

こうなったら、自分で作るしかないっ!!!

って思って、庭にスモーク用のグリルをレンガで作ろうと思ってました。

が、奥さんに反対されてまだ、実現してません。

お腹いっぱい食べれる、安心のウィンナー見つけたっ!!!

そんな時、奥さんが近くのスーパーで見つけてきました。

何と、発色剤を使っていないポークウィンナー!

発表します。

その名も、
「無塩せきポークウィンナー」(信州ハム(株))

あらびきとほそびきがあるらしい。

これ食べたら
めっちゃうまいーっ!!!

そんなに塩も濃すぎず、たくさん食べれる!

ビールめっちゃ進む。

スモーク加減も適度で、癖がすくなく子どもにもた寝やすいかも。

発色剤などを使用せず、作ることを「無塩せき」って言うらしいです。

安心・安全で、おいしいし最高ですね。

しばらくこれは、我が家でリピート決定です。

ってか、定番食材になりますね。

なんで、もっと早く気づかんかったんだーって、ちょっと後悔!

ハムもあります。

ベーコンなんかも。

ダメだ!!!きりない。
いっぱいあるよー。
ちょう、うれしーーーっ!!!(笑)

信州ハム(株)という会社

こんな、貴重な、おいしいウィンナーを作っている会社、「信州ハム」って?

“食”という、生活に欠かすことのできないものだからこそ“自然”でありたい。 そんな心を大切にして信州ハムは、豊かな食文化と健康づくりに貢献してまいります。

どんな会社でしょうか。ホームページ見てみると、

創業は、1941年と、結構、長いですね。

長野県上田市に本社のある会社で、

無塩せきハムの販売を開始したのが1973年だそうです。

昔は、食の安全などそこまで気にされていなかったので、なかなか売れなかったそう。

ところが昨今、やっと食の安全性が話題になる中、やっと注目されてきたとのこと。

そんな、売れていなくても信念に基づいて、安全な製品を届け続けるという食品会社の鏡のような企業です。

もうけ第一主義の企業には、とても真似の出来ないことです。

企業が存続するためには、利益は大事ですが、適正以上の利益を出すために、顧客のことを顧みず、自分たち主体の経営をすることが問題なのですよ。

と、いう主張です。

話が、逸れましたが…

とにかく、食の安全にこだわり、安心な製品をグリーンマークを冠し、製品開発を続けているそうです。

すばらしい、の一言です。

感謝です。
信州ハムさん、ありがとう!!!

まとめ

ほんっと、食品添加物って、一度気になったら、気になるんですよねー。

お菓子もそうですが、食品添加物だらけ…

なんちゅう時代だ、と思いますけど…

どこまで、体に悪いのか?と、いうのもありますけど、
自然じゃないものは、なるべく避けたいですよね。

成長期の子どもになんて、なおさら食べさせたくないですよね。

って、言ったって、スーパーに言ったら添加物だらけだし、

だからと言って、お菓子をすべて手作りできるワケではないし。

そんな時代に、こんな風に頑張ってくれている食品メーカーは貴重ですね。

農家にしたって、養鶏、酪農なども1次産業でも、

その餌や肥料にもいろいろ薬品など使われたり。

殺虫剤、除草剤、家畜に与える餌と一緒に抗生物質などを乱用している例もあります。

世界の中でも、実は日本が規制の基準も甘いところもあるらしいですし。

自分の家族は自分で守らなきゃ。

食の安全性が、見直される時代

これは、経済の高度成長時代には、そこまで注目されていなかった上に、大企業もそこまで悪いものは使っていなかったように思います。

成長を遂げた、大企業がさらなる利益追求のため、厳しいコスト削減をはかる上で、効率的な生産などに、さらに拍車をかけ、

消費者(国民)の健康なんかどうでもよく、いかに安く売れる商品を作り、儲けることばかり考えた結果、近年の方が、悪いものが溢れているように思います。

そんな時代のなか、健康ブームや食の安全性や企業の信頼を揺るがす事件が頻発し
消費者のマインドも変わってきたとは思います。

これまで、消費者の健康をないがしろにしてきた企業なんかより、

消費者もそんな、信念ある信頼できる企業を応援すべきですよね。

今後は、そういう企業が増えていくことを、いち消費者としては願っています。

日本人が健康になって、年寄りも子どもも元気に長生きして、いっぱい消費したほうが、日本の経済にもよい影響があると思うのですが…

最後は、おっきな話になってしまいましたが、

僕も、安全にはこれからもこだわっていきたいと思います。

このような、製品があったらまた、お知らせします。

みんなでこういう企業を応援しつつ、自分たちも安心な食べ物を食べましょうよ。

Win-Winじゃなきゃ。

それでは、また!

ウィンナーめっちゃ、おいしーーーっ!!!

これもおすすめ。ワインにも合うよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)