NBA2018-19シーズンが終わってプレイオフが始まりました。みなさんはどのチームを応援?優勝チームを予想!

みなさん、どおもこんにちは!
ずっきーです。

4月に入ってから、いい天気が続いてますねー。

通勤時の人が増えていて、満員電車になっているのだけが4月はイヤですね。
そんな中、NBAのシーズンが終わってしまいました。

そして、4月14日から、約2ヶ月間も続く、とても楽しくエキサイティングなプレイオフが始まりました。

みなさんは、どのチームを応援していますか?

僕は、もちろん。。。

スポンサーリンク

プレイオフ進出チームを整理

プレイオフに進出するのは、東西カンファレンスから、それぞれ上位8チームです。

ウェストで意外だったのは、レブロン率いるLAレイカーズがプレイオフ進出を逃したことです。

レブロンがいないプレイオフは14年ぶりとのことです。
今年は、NBAは色んな、話題が豊富でしたね。

残念ながら、怪我での離脱やチーム内での不和、いきなりのトレードなどもありましたが、歴史的に残る記録づくめのシーズンでもあり、スーパープレイがたくさんありました。

さて、みなさんご存知かも知れませんが、プレイオフに残ったのは、どんなチームか、見てみましょうか。

イースタンカンファレンス

イースタンでは、シーズン序盤から圧倒的な強さを見せていた、バックスがそのまま独走で1位でのプレイオフ進出となりました。
今ではNBAを代表するトッププレーヤーのヤニス・アデトクンボが、チームを率いています。

2位で進出したのは、カワイ・レナードのラプターズ。これも順当って感じですね。
そして、3位での進出は、セブンティシクサーズ。ジミー・バトラーやアフリカの怪物、ジョエル・エンビードがいて、とてもバランスの取れているチームですね。

僕がひとつイースタンで思ったのは、ドゥエイン・ウェイドのヒートが進出できなかったことです。
引退を表明しているので、ファンとしては、もう少し彼のいまだにキレのあるプレーをみていたかったなぁ、と思うのは僕だけではないはず。

ウェスタンカンファレンス

1位での進出は言わずもがな、誰もが知るウォリアーズです。
今シーズンはこれまでのようにぶっちぎりの戦績とは行かなかったっですが、カリーを含めけが人による戦線離脱が相次いだにも関わらず、さすが王者のチーム力で進出を決めています。
今回の全米優勝での3連勝(スリーピート)を有力視される絶対王者です。
カリーは最近視力が落ちていたらしく、コンタクトレンズをしてからのカリーは、3ポイントシュートの精度がさらに増しました。
長距離砲がプレイオフでも火を吹きますね。

2位で進出を決めたのは、デンバーナゲッツ。
こちらは、一見目立たない印象なんですが、今シーズンはニコラ・ヨキッチが大活躍しましたね。
攻守ともにバランスの取れた素晴らしいチームで、安定した勝率によりウェスタン2位での進出。

そして、トレイルブレイザーズ、ロケッツと続きます。

僕が残念だったのは、ルカ・ドンチッチのダラス・マーべリクスが進出ならなかったのは残念です。
が、まだ、ドンチッチは1年目。来シーズン以降ももっと素晴らしいプレイを見れることを楽しみに、さらなる活躍を期待したいと思います。

トーナメント組み合わせ

トーナメント表は、それぞれ1位は8位と、2位は6位と、という具合にシーズン中の順位によって1回戦が決まっています。
完全ノックアウト方式で、全て7戦中4戦先に勝った方が次へ進出となります。

8チームあるので、3チームに勝つと、カンファレンス優勝となり全米優勝をかけて決勝を戦います。
つまり、16勝すれば、全米No.1!

すでに、4月14日からプレイオフは始まってるので、1回戦目の何戦かは終わっています。
が、まだまだ、最後の決勝戦は1ヶ月半後なので、NBAが気になっている方は、1ヶ月だけでも試聴してみるのもいいかもです。

ド迫力の展開の速いスーパープレイを見れること間違いなしです。

今NBAが見れるのは、2つの方法だけ

NBAは、前シーズンまではBSチャンネルやWOWOWなどで視聴できました。
が、今シーズンから楽天が放映権を独占したことで、2つの視聴方法になりました。

それは、楽天TVとNBAリーグパスです。
どちらも、ネットでの視聴のみとなります。

ただ、スマホやタブレット、PCよりもせっかくのNBAの迫力のゲームを大画面テレビで味わいたいと言う方も多いはず。
僕もそうです。
そんな時は、「Chromecast」ですね。

詳しい内容を記事にしてますのでよかったらどおぞ!

みなさん、どおもこんにちは! ずっきーです。 気付かなかった。 楽天TVでのNBAの無料視聴キャンペーンをやっていたなんて・・・ ...

また、NBAの魅力を語ってます。

みなさん、どおもこんにちは! ずっきーです。 みなさん、NBA見てますか? 2018年10月16日に開幕してから、これまで40...

僕の予想

せっかくなんで、見事全米制覇するチーム(=応援しているチーム)を予想してみたいと思います。
果たして、ウォリアーズがブルズ以来の3連覇(スリーピート)に輝くか。
それとも、それを阻止するチームが現れるのか。

とても見ごたえのあるシーズンプレーオフですね。

僕の予想は、「ウォリアーズの3連覇はない。」です。

じゃあ、どのチームが、ウォリアーズを破るのか?
僕の、勝手なイチ押しのチームは、「ヒューストンロケッツ」です。

ウォリアーズは好きです。
特に、スティーブ・カーヘッドコーチは、僕の中でのNBA全盛期である神様「マイケル・ジョーダン」時代のチームメイトだし、最近のNBAのプレイスタイルを変え新たな時代を作っている「ステファン・カリー」の率いるウィリアーズの3連覇を見たい気持ちはあります。

が、ウェスタン・カンファレンスのセミファイナルで、ロケッツが「4-2」でウォリアーズを下すような気がします。

理由は2つ。

①ウォリアーズの総合力が、昨年より落ちている。
②ロケッツの状態が、非常にいい

①は、デマーカス・カズンズが怪我で戦線離脱やイマイチ、オフェンスが噛み合っていない。という理由です。
圧倒的な強さを誇った前シーズンよりも総合力は落ちているように思います。
前シーズンは、本当ブッちぎりの強さがありました。
とは言え、今シーズンも強いのは強いです。
総合力が落ちたとは言え、トップレベルのオフェンス力があることに、疑う余地はありません。

そこで、②の理由です。

ロケッツは、今、まさに最高の状態にあります。
シーズン中は、チーム主要メンバーのけが人もあったため、ほぼ「ジェームズ・ハーデン」独力で勝ち星を重ねてきた。
ところが、今は、ハーデンの調子こそ落ちているも、けが人も復帰し、全てのメンバーが最高の状態です。
エリック・ゴードン、クリス・ポールなど役者は多い。

ハーデンの調子が上向けば、全米制覇はありえると思ってます。

イースタンでは、バックスが強すぎです。

決勝は、ロケッツ対バックスとなるというのが、僕の見解です。

ものすごーく勝手な、意見です。

さて、みなさんはどう予想しますか。

それぞれ応援するチームが勝てば良いですが、スーパープレーで見ごたえたっぷりのNBAのクライマックス「プレイオフ」を存分に楽しみましょう。
楽天TVで。

それでは、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)