札幌へ来たなら絶対食べて欲しい、暑い夏にもおすすめの札幌の絶品スープカレー!

みなさん、どおもこんにちは!
ずっきーです。

今回は、グルメレポート!

札幌へ帰省して、おいしいものをたんまり頂いてきました。
ので、順番に紹介したいと思います。

まずは、もはやラーメンに次ぐ札幌グルメの定番となって絶対に食べて欲しいのが、「スープカレー」です。

ぜひ、しゃばしゃばなカレーなんて・・・って、敬遠している人も一度は食べて欲しいです。
スパイス好きなら絶対はまりますよ!

僕のおすすめのスープカレーのお店を3店舗紹介します。
では、行ってみよー!

スポンサーリンク

スープカレーの歴史

1970年頃からあったとされる。
札幌では有名なアジャンタでスパイスと漢方成分の入った薬膳スープが提供されていたのが元になったと言われているが、スープカレーのブームを巻き起こしたマジスパこと「マジックスパイス」が1990年初頭にオープンしてから、少しづつ広がりを見せていった。

私が出会ったのは、仕事で札幌転勤になってから。
しばらく札幌を離れていて、そのブームに乗り遅れていたのだが、同僚に昼ご飯に誘われ行ったのが、「マジックスパイス」

衝撃的だった。

札幌のラーメンに引けをとならない、スープの深み。

フォンドボーやブイヨンで出汁をしっかりとり、そこにスパイスで何層にも味に奥行を出していく。
ここが、それぞれ、各店舗で特徴の出るところ。

そこに、ごろんごろんと大きめ野菜や肉系をスープに半身浴させて行くと出来上がり。

スープカレーの発祥こそ札幌と言われるが、そのルーツはネパールや中国奥地の漢方やスパイスの利いた薬膳スープだったりタイや南インド、インドネシアなどのしゃばしゃば系のカレーにあると言われている。

だから、外国のさらりとしてスパイスの利いたカレーをお好きなら抵抗なく食べれると思います。

そのブームに火がついて、もう20年以上なのでさすがに食べたことのない人はいいないとは思いますが、札幌など、ぜひ本場で食べてみて。

スープカレーを提供するお店の数は、200店舗ともそれ以上とも言われています。

ほんっと色んなお店があります。

年間を通じても、どんどんお店ができていて、帰るたびに知らないお店がオープンしています。

そんな中、僕のおすすめのスープカレーのお店を紹介します。

絶対、おすすめ!僕の大好きなスープカレーのお店3店

らっきょ

僕が色々、スープカレーを食べ歩きし始めた頃、出会ったのがこの「らっきょ」

野菜やチキンレッグがゴロンと入っていて、ぴりっとしたスパイスが野菜の甘みをさらに引き出したその味に、一気にスープカレーの魅力に取り憑かれる原因となったお店です。
そしてまた、このスプーンで触るだけでほろほろとほぐれるほど柔らかく煮込まれたチキンの美味しさと言ったら。
もうたまりません。

ほぐれたチキンをスープと一緒に口に運ぶと、もう幸せが口いっぱいに広がります。

一気に、「らっきょ」の味に引き込まれてしまいました。

↑↑↑らっきょの運営会社「スパイスゴーゴー」のウェブページ

よければレトルトのカレーも。なかなかのお味です。

天竺

南インドスープカレーなんですね。

知らなかった・・・

この「天竺」は、昔、麻生駅と北34条駅の間くらいにも店舗があったので、何度も通いましたね。(今はもう閉店してしまったみたいです・・・)

この天竺で、よく食べていたのがシシカバブカレー。
スパイスを効かせたラム肉のシシカバブが入っているカレーで、らっきょよりも、もっとスパイスのきいたカレーでした。

冬でも体がぽっかぽっかになって、顔中から汗がダラダラになりながらいつも食べてました。
夏なんて食べに行った日には、もう大変。
滝のように汗が吹き出ますね。

もちろん辛さも、普通以上に辛いのをオーダーするんですけど、口がひりひりして食べれない辛さではなく、食べるに連れて体の芯からどんどんあったまっていくような感じですかね。

漢方薬などで自然と体があったまった感覚と一緒の感じです。
そこに、ぴりっとスパイスが入るので、汗かきの僕は、冬は顔からだけ汗が吹き出るといった感じ。

食べ終わってもしばらく、体がほこほこです。

スープは、とても飲みやすいあっさりした感じかな。

基本はらっきょと似ているような、とても飲みやすくて具材の甘みとマッチしていて、ご飯もどんどん進んでしまいます。

今は、札幌では清田店があるとのことです。

お店のウェブページ↑↑↑

レトルトカレーもおいしいよ!

dip

このお店「dip」へは、今回、初めて行ってみました。

なんか、おしゃれな入口。

今回も、さぁ、天竺へ行こうと思ったら閉店していたので、久しぶりに、「らっきょ」かな?
と思ったけど、
らっきょは家から20分くらいかかるし、昼時、混んでそうなので、家から近い店舗を
そこで、ひっかかったのが、この「dip」

評判も良さそうだったので、早速レッツゴー!

お昼どきだったけど、着いたら、ちょうどひと組が食べ終わって出てきたところで、店内へ。
中では、もうひと組食べていました。
席数はそんなに多くないかな。

20人くらいが、入る空間で、コンクリート打ちっぱなしで暖色系のあかりで店内はしっとりとおしゃれな感じでした。

僕は、基本のチキンカレーにしました。
スープも、「あっさり」、「濃厚」、「クリーム」の3種類選べるということで、ぼくはコクのありそうな濃厚タイプを選びました。

一緒に行った母は、たっぷり野菜カレーを選んで、スープはあっさりにしました。

野菜が本当にてんこ盛りです。

これは凄い!!

注文してからまぁまぁ、待ちましたね。

あらかじめ、メニューにも、注意書きで提供時間について記載があるので、比較的、普段から長めなのかもしれません。

僕らのメニューのみを料理していたはずだけど、約20くらいでお料理が運ばれてきました。

「あっさり」スープで、やさいたっぷりカレーを選んだ母の方は、野菜が今まで見たことがないくらいの野菜が入っていました。
素揚げのブロッコリーも大きく、まいたけなんかもとても美味しかった。
とにかく野菜も新鮮で甘みたっぷり。

スープは本当にあっさりで、辛さも普通にしたせいか、スパイシーというよりも野菜のしっかりときいた野菜スープの味でした。
スパイスの香りと野菜の出汁がったぷりで、コンソメ野菜スープに近い感じでした。

僕のチキンレッグは、らっきょほどは柔らかくはなかったけど、身のつまった大きい鶏ももが入っていて、柔らかく煮込まれたチキンも美味しかったです。

濃厚スープは、これが他の店でも言う、オーソドックスなスープカレーのスープといった感じ。

辛さは、追加料金がかかる手前の辛さ(4段階目?)にしましたが、全く辛くなかったですね。
ただ、スパイスのぴりっとした刺激はもちろんあるし、香りがとってもよかったです。

とても美味しかったですよ。

ご飯(サフランライス)が少し固めだったかな。

とにかく、とても食べやすく、さらには素材の味がよく活きているスープカレーといった印象。

辛さが好きな方は、もっと辛くしても良いかとは思いますが、濃厚のスープを選んだ僕でも、食べた後の口が、とってもさっぱりとしていました。

化学調味料が極力使われていないような、さらっとナチュラルなものをいただいたあとのようにとても雑味がなくすっきり。

これは、好印象でした。

もしかすると、素材を活かした自然な味を心がけているお店なのかもしれません。

無化調のラーメンを食べたのと一緒の後味。
なので、あっさりと食べれて、スパイスの香りを非常に感じることができたのかな。

あっ、後味すっきりとかあっさりとか書いてますけど、決して物足りない感じではないですよ。

本当、野菜の甘みとほどよいスパイシー感、スパイスの香りが絶妙にマッチしています。
塩味や砂糖的な甘みが強いとかパンチが効いているとかいうのとは対照的な感じでした。

とにかく、スパイスの量も適度になっていて、体に良さそうな、毎日でも食べられる飽
きのこないスープカレーだと思いました。

また、次回行きたいですね。

次は、ウインナーやラベンダーポークなどもトライしてみたいですね。

札幌市北区の「sapporo soup curry dip」では、モダンなお洒落空間で、自分好みにカスタマイズしたスープカレーをお楽しみいただけます。スープは3種類、メイン具材は定番のチキンレッグなど14種類から選べ、お好みの辛さやトッピングを追加いただけます。

お店のウェブページ↑↑↑

番外編

ここは、外せないよね。っていう定番のお店を少し紹介。

マジックスパイス

スープカレーと言えば、「マジスパ」と言われるくらいの元祖スープカレー。

その透き通ってもいるスープは、さまざまなスパイスの香りがあり最初に食べた時には本当に度肝を抜かれました。
東京や大阪にも店舗はあるので、食べたことがある方も多いはず。

ぜひ、札幌本店にも足を運んでみて。

今や札幌発の新しい「食文化」になった「スープカレー」。その歴史を創った”マジスパ”の神髄…それは「食」を中心にしたエンターティンメントの世界…システム、形態、演出、風味、波動…マジスパの創り上げた華麗なるスープカレー宇宙空間へ・・・Have a nice trip!

お店のウェブページ↑↑↑

ピカンティ 札幌駅前店

札幌スープカレーの老舗が、この「ピカンティ」
ミシュランガイド(北海道特別版2017)に掲載もあった超有名店。
濃厚スープとあっさりスープを選べます。
僕は、断然濃厚スープ派です。

www.picante.jp スープカリィ・ピカンティのホームページです

お店のウェブページ↑↑↑

カレー食堂 心

ここも有名なお店「カレー食堂 心

ブラタモリでタモさんも訪れたそう。
東京や埼玉にも店舗があるので、ご存知の方も多いはず。
僕は行ったことがないのですが、とにかく有名。

札幌のスープカレーを語る上では外せない存在です。
今度、行ってみよう・・・

スープカレーと言えば札幌駅近くにある「カレー食堂『心』」。自慢のオリジナル・スープは、フォン・ド・ヴォー技法で、玉ねぎ、ブーゲカルニなど8種類の香味野菜、トマトなど14種類の食材をじっくりコトコト10時間以上煮込んでます。美味しいですよ!ぜひ、食べに来てください!

お店のウェブページ↑↑↑

心のカレーもレトルトあるの??わが家も買ってみよかな。

まとめ

どうですか。
札幌発祥のスープカレーは、ほんと紹介しきれないくらいのお店があり、さまざまな独自の味で提供しています。
ぜひ、色々食べ歩いて、自分ごのみの味を探してみて。

僕のオススメは、まだ店舗が増えていない、店主が自ら味を守るお店。

僕が今一番のおすすめするのであれば、今回出会った「dip」は、口当たりがよく、ほんとオススメです。

出汁がよく利いた深みのあるスープに様々なスパイスが溶け込み、まさにスープのようにサラサラと食べれてしまうスープカレーです。

それでは、札幌に来たらぜひスープカレーを一度、試してみてください。

夏こそ、スパイスの利いたスープカレーを!

それでは、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)